易経で自分らしさを磨く

今日の易占から/地域を楽しむ/観る力を養う

「進歩から進化へ」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「地風升」の「五爻変」でした。
  • 「升」(しょう)は、上昇・進展するときで、大地の正道に従って物事を推し進めます。 
  • 「五爻変」ですから、ステップバイステップで歩み続けて目標達成に向かいます。
  • 本日のテーマは、「進歩から進化へ」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 大阪は、万国博覧会と縁の深い地域です。
  • 1970年(昭和45年)の千里万博、1990年(平成2年)鶴見緑地の花博、そして2025年(令和7年)に夢洲で開催準備中の「大阪・関西万博」と、自分の短い生涯で地元地域において3度の国際的な大イベントが開催され実体験できることは、奇跡ともいえる素晴しいことです。
  • さて、‘EXPO70のテーマは『人類の進歩と調和』でした。また来るべき’EXPO2025のテーマは『いのち輝く未来社会のデザイン』です。
  • 4年半後に海上都市・夢洲で開かれる「大阪・関西万博」では、より「進化」した人類社会の未来像を実感することができるでしょうか。今から楽しみですね。

    f:id:okarina1952:20201115115310p:plain

    夢洲(2025年日本万国博覧会協会のホームページから)

〇「観る力を養う」

  • 「進歩」は、「物事が次第により良い方向に進んでいくこと」とされていて、一定の目標に向かっていくイメージです。
  • また辞書によると「進化」は、「長い年月の間に、生物が次第に変化していくこと」とあります。
  • 元来、生物について使われていた言葉ですが、今日の一般的な表現では「進歩して複雑高度になり、多様化すること」「段々に優れた形態へと発展していくこと」といった意味も持っています。英語で表すと、「進化」は “evolution” 、「進歩」は “progress”ですね。
  • 言葉のニュアンスとしては、「進歩」より「進化」の方が、より質的な変化を伴っている感じがします。
  • この50年という半世紀のあいだ、人類社会が「進歩と調和」を経て、あらゆる生き物の「いのちが輝く」未来社会へと向かう歩みを着実に進められたのかどうか、克服できない格差と貧困による国際紛争、そして地球環境問題の現状を観ると、心もとないところもあります。
  • グローバルな情報ネットワークなど、物質文明がその進化を加速していますが、これと並行して、人々の精神面の文明もより確かな進化を遂げる必要があると考えます。
  • 2025年の「大阪・関西万博」では、「サブテーマ」として以下の「3つの “Lives” のためのアクション」が設定されています。

1.Saving Lives(いのちを救う)

2.Empowering Lives(いのちに力を与える)

3.Connecting Lives(いのちをつなぐ)

  • 同時に、2015年9月に国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において提唱された、持続可能な開発目標(SDGs:17の目標)の達成に向けて、次のように呼びかけています。

解決したい持続可能な開発目標を選んで、あなたも「いのち輝く未来社会づくり」に参加しませんか。

「出会う」:共通して関心を持つグローバルな問題を通じ、世界中の人々が出会います。

「共有する」:問題とそれを解決するためのアイデアを共有することで、共創プロジェクトを始めるためのプラットフォームを作ります。

「学ぶ」:あらゆる経歴と専門性を持つ人々が、独自の知識を伝え合い、お互いから学びます。