易経で自分らしさを磨く

今日の易占から/地域を楽しむ/観る力を養う

「元・亨・利・貞(げんこうりてい)」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「乾為天」の「二爻変」でした。
  • 「乾」(けん)は、龍の一生に擬えて、リーダーとしての人格形成に至る心構えを説いています。 
  • 「二爻変」は「見龍(けんりょう)」ですから、将来の夢と目標を抱きながら、今はよき師を仰ぎ、自己研鑽に励みます。
  • 本日のテーマは、「元・亨・利・貞(げんこうりてい)」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地・四條畷ゆかりの東洋哲学者・安岡正篤氏は、随所で『易経』の文言を分かりやすく示して、世界観や人間観を説いています。
  • 例えば、「天地の生」(=世の中の生成・変化)の作用は、「元・亨・利・貞」にあるとし、この4つは更に一つの「元」に帰することができると語ります。
  • 「元」は、「もと」「はじめ」「全体性」という3つの意味を含んでいること。つまり「元気がある」という言葉は、生活の「もと」にもなり「はじめ」にもなる深い意味があり、大きなスケールで渾然たる「全き(まったき)」(完全)という意味を含む、としています。
  • この「元」の働きが展開して「亨」(とおる)、すなわち様々な作用を活発にさせて「利」(き)く、つまり効果が現れるわけですね。「貞」は、終始一貫した不変性を意味し、これで一つの「元」に帰着します。(安岡正篤著『身心の学』黎明書房刊)

 

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「「元・亨・利・貞」は、『易経』の根本理念といえるものです。
  • 経営者のセミナーなどで活躍する易経研究家の竹村亜希子氏は、「乾」卦について、「龍の話のストーリーは、いわば春夏秋冬の物語です。」と語っています。(『リーダーの易経』角川新書刊)
  • 「元・亨・利・貞」は、「春・夏・秋・冬」の生成・変化を示すものであり、「乾」卦の二爻である「見龍」は、「冬~春~初夏~夏~秋~晩秋」と移り変わる季節でいえば「春」を暗示しています。