易経で自分らしさを磨く

今日の易占から/地域を楽しむ/観る力を養う

「無知は罪なり、知は力なり」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「山水蒙」の「四爻変」でした。
  • 「蒙」(もう)は、十分な学びが必要とされる状況です。
  • 「四爻変」ですから、自らの無知、学びの必要性を自覚します。
  • 本日のテーマは、「無知は罪なり、知は力なり」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地・四條畷ゆかりの安岡正篤氏は、「陽明学者」として紹介される向きもありますが、その著作に見られる対象領域は広く東洋の学問全般に通じていますから、教育者であり哲学者というべきでしょう。
  • 安岡氏は、「知:知識や情報」について、単にそれを持っているだけでは意味はなく、それを実践・行動に活かしてこそ価値があるとして、「見識」と「胆識」を区別して説きます。

 

〇「観る力を養う」

  • さて、本日のテーマ「無知は罪なり、知は力なり」は、以下のような人物の言葉をつなげたものです。
  • まず前段、紀元前ギリシャの哲学者・ソクラテスに言葉に、「無知は罪なり、知は空虚なり、英知を持つ者は英雄なり」があります。
  • ここでの「知」は、単なる知識・情報のことを指し、「英知」は体験・経験を踏まえたもので、次の行動に活かせる「智恵」だと理解します。
  • そして後段の「知は力なり」は、16世紀から17世紀にかけて活躍したイギリスのフランシス・ベーコンの言葉です。
  • ベーコンは、法律家からスタートして政治家としても名を成した哲学者です。
  • 彼が説く「知」は、その目的・目標が「地位や名声を得ること」ではなく、「人類の未来を切り拓く営み」として捉え、具体的には「観察と実験」に基づく「経験・データの蓄積」から発見・発明などに迫っていく科学的なアプローチ(帰納法)が、その核心になっています。
  • その後、彼がどこまで想像したかは別にして、「知は力なり」の文字どおり、大英帝国をはじめ西欧諸国が近代文明を大きく変容させ、世界に勢力を広げていく論理と行動を示唆するものとなったわけですね。
  • 儒教的にいえば、『論語』にあるのが「知らざるを知らずと為す是知るなり。」つまり「知らないことは、知らないと自覚すること、これが本当の知るということ」です。(そういえばソクラテスも「無知の知」を説いていましたが…)
  • また孔子は、「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」とも説いています。

「季節の循環」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「地雷復」の「四爻変」でした。
  • 「復」(ふく)は、これから力を盛り返す状況を迎えるとき。大道に従いプランを温めます。 
  • 「四爻変」ですから、自分のやり方で正道を見出します。
  • 本日のテーマは、「季節の循環」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地・四條畷ゆかりの人物、小楠公・楠正行は、1348年(正平元年)正月の「四條畷の合戦」に臨む前に、吉野の如意輪寺に「辞世の句」:「返らじと かねて思へば あづさ弓 なき数にいる 名をぞとゞむる」を残しています。
  • また江戸幕末の吉田松陰は、処刑される直前、江戸・小伝馬町牢屋敷の中で「辞世の句」:「身はたとい 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂」を含めて、16の節(章)からなる遺書ともいうべき書:『留魂録』を残しました。
  • 楠公は20年、そして松陰は30年という、いずれも短かい人生ですが、この『留魂録』をひもとくと、松陰の清々しく充実感に満ちた死生観が読み取れるように思います。

    f:id:okarina1952:20210416112736p:plain

    山口県文書館所蔵の吉田松陰肖像

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「季節の循環」から、吉田松陰の死生観について取り上げました。
  • 留魂録』の第8節に、以下(現代語訳の要点抜粋)のとおり記されています。

「今日、私が死を覚悟して平穏な心境でいられるのは、春夏秋冬の四季の循環について悟るところあるからだ。つまり、農事では春に種をまき、夏に苗を植え、秋に刈り取り、冬にそれを貯蔵する。…未だかって、この収穫期を迎えて、その年の労働が終わったのを悲しむ者がいるのを私は聞いたことがない。」

「私は今30歳。未だ事を成就させることなく死のうとしている。農事に例えれば未だ実らず収穫できていない状況…。だが、…私なりの花が咲き実りを迎えたときだと思う。そう考えると必ずしも悲しむことではない。なぜなら、人の寿命はそれぞれ違い定まりがない。農事は四季を巡って営まれるが、人の寿命はそのようなものではない。」
「…人にはそれぞれに相応しい春夏秋冬があるといえる。10歳にして死ぬものには10歳の中に自ずからの四季がある。20歳には20歳の四季が、…100歳には100歳の四季がある。…」
「私は30歳、四季はすでに備わっており、私なりの花を咲かせ実をつけているはずだ。…もし同志諸君の中に、私がささやかながら尽くした志に思いを馳せ、それを受け継いでやろうという人がいるなら、それは即ち種子が絶えずに穀物が毎年実るのと同じで、何ら恥ずべきことではない。同志諸君、よく考えてほしい。」

  • 松陰は、自らの短い人生を「四季」として観ています。
  • 季節が循環し、毎年草木が各々の時季に生い茂り、あるいは花を咲かせますが、それぞれの四季を生き抜きながら、次世代にその命を引き継いでいるわけです。
  • こうした世界観・死生観は、限りなく『易経』の説くところと重なっています。
  • 自分しかない唯一の「四季」を生き抜く、そのこと自体が尊いことなんですね。

「フロンティア精神」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「天地否」の「二爻変」でした。
  • 「否」(ひ)は、互いに交わることなく、物事が成就しない環境です。 
  • 「二爻変」ですから、信念を持ち続けて大道に従います。
  • 本日のテーマは、「フロンティア精神」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 1年延期した東京オリンピックの開催まで、あと100日を切りました。
  • 東京・首都圏は、開催国として各国の選手と代表者・要人が、コロナ禍の憂いなく安心して来日してもらえる条件・環境を実現することが求められています。
  • さて、コロナ感染対策の経過を辿ると、大阪は昨年来、大都市圏の中でもフロンティア精神を発揮して、先導的な役割を果たしています。症状に応じた患者の受入れ体制づくりや緊急事態を判断する指標の設定、等々です。
  • そして変異種による第4波の感染拡大の影響を真っ先に経験し、その先導役を務めているのが現下の大阪であり京阪神の状況です。
  • 今回のような新型の感染症対策は、「ハンマー&ダンス」と呼ばれるように、「緊急事態宣言による厳しい活動制限する」決断と「収束状況に応じて活動制限を緩める」決断を何回か繰り返しながら、「予防接種の普及による完全収束」に行き着くしかないことは確かでしょう。
  • 大阪がフロンティア精神を発揮しながら難しい「決断」を重ね、そのことで得られる経験や知見を活かすことによって、首都圏はじめ国全体の決断が最良のタイミングで行われるよう祈るばかりです。

    f:id:okarina1952:20210415104002p:plain

    令和3年度大阪府の予算から

 〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「フロンティア精神」の意味から、確認してみました。
  • 「フロンティア精神」は、「開拓者精神」ともいわれ、元々アメリカの開拓者たちが西部の開拓地での生活経験を通じて形成した「気質、性格」を意味し、具体的には「進取の気質、あるいは能力主義、旺盛な活動力、そして自立自助や純真素朴な気性」といった特性を示す言葉です。
  • 反面、「せっかちな気性、攻撃的な態度、また単純なものの見方」など、否定的な側面も含まれているようです。
  • この「フロンティア精神」は、大阪人の気質とほとんど重なっているように思いますが、未知の領域への対応力としては、必要不可欠なものだと考えます。

「善は急げ」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「地沢臨」の「初爻変」でした。
  • 「臨」(りん)は、リーダーとメンバーの気心が一致して、支配や保護が行きわたる状況です。 
  • 「初爻変」ですから、心を一つにして目標に向かいます。
  • 本日のテーマは「善は急げ」。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地・大阪は、パワーをアップしたコロナ変異ウイルスが猛威を振るい、また緊急事態が新たな局面に来ています。
  • ようやく始まったワクチン接種の早期普及が望まれるところですが、この対策における日本の出遅れ感は否定できません。
  • 当面、外国製ワクチンの供給に頼らざるを得ないことが、現象的には「出遅れ」の大きな要因に見えますが、国産ワクチンの開発事情などに視点を移すと、将来の対応に活かすべき日本の弱点が観えてくるように思います。
  • 先週の新聞記事から、国内におけるワクチン開発の状況をピップアップしておきました。

    f:id:okarina1952:20210414105657p:plain

    2021.4.5付け中日新聞の記事から

 〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「善は急げ」から、急がれる「ワクチン接種」が日本の場合なぜ出遅れたのか。
  • メディアから得られる情報から、その要因を以下のとおり「3つの脆弱性」と「2つの安全志向」に要約してみました。
  1. 医薬品産業における研究開発体制の脆弱性(製薬会社の規模・ベンチャーが少ない)
  2. 治験に関わる医療機関側の体制の脆弱性(緊急性のあるケースに柔軟な対応ができない)
  3. 開発支援に関わる政府の予算措置等の脆弱性(2020年度に追加計上されても欧米とは桁違い)

※特別定額給付金(国民1人@10万円)12.9兆円:第1~3次追加補正の予算措置0.27兆円

  1. 厚生労働省の審査・承認姿勢における安全・安定志向(安全性重視の姿勢は崩さず)
  2. 国民意識における接種の効果と副反応に対する安全志向(「受けたくない」や「しばらく様子を見て」と答える国民の方が多い)
  • 先行している諸外国では「ワクチン接種による副反応などのリスクよりも、感染拡大を収束させるメリットの方が明らかに大きい」として、官民を挙げて早期普及が進められています。
  • 今後のワクチン接種普及は、各自治体の役割に負うところが大きくなりますが、将来の新たな感染症対策を考える上で、(上記の1~5に指摘されるような)わが国の弱点をしっかりと自覚し、克服していく必要がありそうです。

「集合知」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「沢地萃」の「四爻変」でした。
  • 「萃」(すい)は、集まる。集い交歓します。 
  • 「四爻変」ですから、現状、居心地はよくありませんが、自制心を持ち続けます。
  • 本日のテーマは、「集合知」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地の「なわて学」は、あらゆる角度・側面から「四條畷」をまるごと学ぶ「場と機会」を提供しながら、「学びの体系づくり」を試みる活動。いわば「地域の集合知」を追求しています。
  • それぞれの地域が持っている独特の資源・資産、あるいは魅力については、長年住んでいても明確に共有されていなかったり、また案外気づいていないこともあります。
  • その地域を愛する人々が、断片的かつ潜在的に意識している「地域独自の資源・資産・魅力」を、一度みんなで掘り起こして共有化してみたら、そこに新たな「わがまちの宝もの」が観えてくるかもしれません。

 

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「集合知」は、「多くの人の知識が蓄積したもの。また、その膨大な知識を分析したり体系化したりして、活用できる形にまとめたもの。」であり、デジタル化が進みネットワーク社会が深化する近年、注目を集めている概念の一つです。
  • マサチューセッツ工科大学(MIT)のトーマス・マローン教授は、2002年(平成14年)に世界中の200以上のグローバル企業に対して調査を行い、「21世紀の企業組織はどのようになるか」を提示しました。
  • このマローン教授は、「集合知」を「一つの目的に向かって知的作業を行う個人の集合」「知的に見える行為を集合的に行う個人の集合」などと定義しています。
  • そのポイントは、「多数の知を集めること。そして、集めた知を多数決や公約数としてでなく、体系化することによって、少数の知では生み出し得なかった大きな価値の創造に活用する」という点にあるようです。
  • また同時に「集合知」を生み出すための不可欠な要素として、「目的と対象が明確な『場』が提供されること」を指摘しています。
  • 人間社会には、人間国宝級の「匠の技」や特定分野の専門的な知見も必要ですが、むしろ昨今求められているのは、「『三人寄れば文殊の知恵』のネットワーク社会版」ともいうべき「集合知」かもしれませんね。

「身体リズム」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「天雷无妄」の「五爻変」でした。
  • 「无妄」(むぼう)は、邪念や雑念のない素直な心構え。天命に従って行動します。 
  • 「五爻変」ですから、身体のリズムを感じつつ日課をこなします。
  • 本日のテーマは、「身体リズム」です。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 今年は(コロナ対策が継続される中)、大阪・四條畷でも各地で入学式が無事行なわれています。
  • 桜の花は早々と咲いて見事に散っていきましたが、そのバトンをハナミズキが受け取ったように色づき始めています。
  • 人々が活動する周期は、やはり日・週・月・四季のサイクルを重ねつつ、1年で一段落するリズムが身体に定着しています。
  • したがって、身体のリズムは、体内時計を日々回しながら、その時期の気候や社会環境に合わせて、心拍や呼吸の速さ、あるいは睡眠時間を調節しているのでしょう。

    f:id:okarina1952:20210412105248p:plain

    人体リズムの種類(日本成人病予防協会のホームページから)

 〇「観る力を養う」

  • ドイツの哲学者で教育者のルドルフ・シュタイナーは、「人体のリズムは、意志を強め心身を力づける」と語っています。
  • シュタイナー流でいえば、人体の活動リズムは「土曜日の夕方の6時に始まり、7日間つまり次の土曜日(1週間)の午後6時で1つの活動サイクルが終了」となります。
  • シュタイナーの教育理論は「人智学」に基づく奥深いものですが、その特徴の一つに「人体の成長を7か年サイクルで捉える」ところがあります。
  • したがって彼は、学校教育も7か年の区切りを基本に考え、例えば「効果的な再学習のタイミング」を人間の成長と記憶定着のリズムから導いて、「1学年で学んだことを7学年に、2学年で学んだことは6学年に、そして3学年に学んだことは5学年に〝おさらい〟するとより教育効果が高い」と考えます。(『人体と宇宙のリズム』風濤社刊・西川隆範訳)

「待つ力」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「水天需」の「四爻変」でした。
  • 「需」(じゅ)は、自重してチャンスの到来を待つ状態。いずれ展望も開けます。 
  • 「四爻変」ですから、厳しい局面ですが、素直な心で助言に従い切り抜けます。
  • 本日のテーマは、「待つ力」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 大阪大学総長で哲学者の鷲田清一氏は、その著書で、「待つ」とは、「意のままにならないこと、じぶんを超えたもの、じぶんの力ではどうにもならないものを受容れること」と捉え、何事でも性急に結論や成果を求めてしまう現代人の傾向に対して、「待つ」ことの先にある「希望」や「期待」を見失っているのでは…と警鐘を鳴らしました。
  • 鷲田氏は、少子高齢化が進み「育児」と「介護」が注目される時代にあって、この両者はともに「待つ」ことであり、「待つ」ことは「信じること、信頼すること、そして無条件にすべてを受容れることである」と説きます。(『「待つ」ということ』2006年刊・角川選書)

 

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマは「待つ力」ですが、その前に「我慢」という言葉について確認してみました。
  • 「我慢」は、3つの意味を持っています。1つ目は「耐え忍ぶこと。こらえること。」、2つ目は「 我意を張ること。また、そのさま。」であり、3つ目は人間の煩悩を表す仏教用語の一つとして「我に執着し、我をよりどころとする心、おごり、他を侮ること。」とされています。
  • 今日的には、ほとんどの場合「1つ目の意味」で用いられますから、「我慢すること」は「待つこと」とほぼ同じニュアンスに感じます。
  • ところで、1960年代後半から1970年代前半にかけて、米スタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェル氏が実施したマシュマロ実験(マシュマロ・テスト)という子ども時代の「自制心」と、将来の社会的成果の関連性を調査した有名な実験があります。
  • 調査対象は、当時4歳の子ども186人で、子どもは1人ずつ教室に通され、机の上にある1つのマシュマロを前にして、実験者から「私は、用事があるので部屋を出る。このマシュマロは君にあげるが、私が戻ってくるまで食べるのを我慢したら、もう1つあげる。しかし、それを食べてしまったら2つ目はない。15分したら戻ってくる。」と伝えられます。
  • そこで、子どもたちがマシュマロを前にして、どう行動したのか?
  • 結果は、3分の2の子どもはマシュマロを食べ、3分の1が食べずに待っていたということです。
  • 調査の18年後、その子どもたちが22歳になったときの追跡調査では、4歳のときの自制心の傾向が続いていたこと、つまり、「マシュマロを食べた子よりも食べなかった子の方が学業成績が良かった」という結果が示されました。
  • さらに2011年、その子どもたちが45歳になったとき、さらなる追跡調査が行われ、「この傾向が人生の半ばまで続いていることが判明した」ということです。
  • 「待つ力」は、幼児教育の段階で培われると効果的なんですね。
  • 私などは、すでに手遅れの極みですが、鷲田先生が説いているように、「待つ」ことは「信じること、信頼すること、そして無条件にすべてを受容れることである」と理解すれば、年齢に関わりなく「待つ力」に磨きをかけることの大切さを実感します。