易経で自分らしさを磨く

今日の易占から/地域を楽しむ/観る力を養う

「笑いの文化」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「地山謙」の「上爻変」でした。
  • 「謙」(けん)は、謙虚に出しゃばることなく控えめに応じます。 
  • 「上爻変」ですから、謙遜のつもりが卑屈な笑いでお茶を濁してしまうのは、頂けませんね。
  • 本日のテーマは、「笑いの文化」とします。

 

〇「地域を楽しむ」 「観る力を養う」

  • 大阪・関西は「笑いの文化」に恵まれた圏域です。
  • 明治安田生命「関西を考える会」は、関西の豊かな文化・歴史そしてポテンシャルを探ろうという活動を1976年(昭和51年)にスタートし、毎年異なるテーマで小冊子を刊行しています。
  • かなり前の2007年版には、『関西と笑い』というタイトルで、「関西の歩んできた歴史、ひとびとの気質、ことば、生活スタイルなどと多くの関係がある」と説明し、同時に関西各地の文芸作品に描かれた舞台や、映画・ドラマのロケ地、作家ゆかりの場所などが紹介しています。
  • (この中にも記述されていますが)「大阪弁を駆使して、大阪らしい風景や生活感、時代を描いてきた」作家の一人に田辺聖子さんの存在があります。
  • 一昨年の6月、田辺さんが91歳で逝去された際に、ネットで流れたニュース記事には、「軽妙な大阪弁を駆使した恋愛小説などで知られる芥川賞作家…明るい文体と人間への優しいまなざしで、男女の機微や庶民の生活感情をユーモアたっぷりにすくい取った。1964年に『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』が芥川賞を受賞」と書かれています。
  • またNHK連続テレビ小説の2006年度下半期の作品『芋たこなんきん』は、田辺さんの自伝的小説からドラマ化されたものでした。
  • 東大阪市に位置する大阪樟蔭女子大学には、平成19(2007)年に創立90周年記念事業として、卒業生・田辺聖子さんを顕彰すべく「田辺聖子文学館」が開設されていて、一般公開もされています。

    f:id:okarina1952:20210126120421p:plain

    田辺聖子文学館」のページから
  • 学園のホームページに掲載されている中 周子館長のメッセージ(抜粋)は、以下のとおりです。

田辺さんは、…本学での学びと国文学への深い造詣を基盤として、独自の豊かな文学的世界を創造され、多くの読者を魅了…。 芥川賞受賞作『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』をはじめとする斬新な恋愛小説、『源氏物語』等の古典文学の現代語訳、大阪弁や川柳の研究に基づく作品、作家の評伝小説、軽妙洒脱なカモカシリーズ等々、…平成20(2008)年には文化勲章を受章…。堅実な家庭人として日々の生活を楽しむことを大切にされた魅力的な女性…。終生、母校・樟蔭を愛しみ懐かしむ心を持ち続け…第二次世界大戦下の激動の時代を生き抜き、鋭い洞察力と豊かな言語感覚・巧みな文体によって様々な人間を描き続け…。昭和・平成を代表する作家として正しく評価・研究されるべき時…。 自宅の書斎やカモカバーを再現し、愛用品の数々を展示し…。生原稿をはじめ貴重な少女時代の、作家デビュー以前の作品や講演の映像資料なども所蔵しています。

f:id:okarina1952:20210126120602p:plain

大阪樟蔭学園の校章(大楠公楠木正成の夫人・久子の方ゆかりの建学精神)

 

「最初の一歩」

〇「今日の易占から」
・ 今日の易占は「天沢履」の「二爻変」でした。
・ 「履」(り)は、天命を信じて自分の使命を果たすべく、行動・実践に踏み出します。 
・ 「二爻変」は、「志」つまりビジョンを持って行動に移すときです。
・ 本日のテーマは、「最初の一歩」とします。

 

〇「地域を楽しむ」
大阪都市圏の成り立ちを遡ると、その第一歩は、室町時代浄土真宗の僧で本願寺中興の祖「蓮如」に行き着きます。
蓮如上人は、隠居して「信證院」と号した後の1496年(明応5年)9月、大坂・石山(現在の大阪城の辺り)の地に居を移して大坂御坊(後の大坂本願寺石山本願寺)を建立します。
・ いわゆる「寺内町(じないちょう、じないまち)」の始まりです。
・ 「寺内町」とは、室町時代浄土真宗などの仏教寺院、道場(御坊)を中心に形成された自治集落のことで、濠や土塁で囲まれるなど防御力を備えたエリアには、信者だけでなく商工業者などが住み活動していました。
・ 大坂(石山)本願寺は、1530年代に自治特権を獲得し、1560~1580年の第11代・顕如の頃には、エリア内の人口が2万人以上といわれ、イエズス会の宣教師が「日本の富の大部分が、この坊主の所有」と記すほどの経済力を誇るようになっています。
・ この地に早くから着目していた織田信長、そして豊臣秀吉が信長の遺志を継ぐように、1584年(天正12年)に「大坂城」を完成させたわけです。(図は和歌山市立博物館所蔵「石山合戦配陣図」の本願寺部分)

f:id:okarina1952:20210125114436p:plain

ウィキペディア石山本願寺」から

〇「観る力を養う」
・ 本日のテーマ「最初の一歩」から、蓮如上人が布教のために使った手法である『御文』(御文/『御文章』ごぶんしょう)を取り上げます。
蓮如の『御文』は、教義を手紙の形で教えを分かりやすく説いたもので、後に蓮如の孫・円如がこれを収集して五帖80通(『五帖御文』)にまとめています。
蓮如上人の高弟・道西(どうさい)によって開かれた「善立寺(ぜんりゅうじ)」(滋賀県守山市金森)には、1461年(寛正2年)に蓮如上人が初めて書き送った『御文』が保存されているそうです。
・ 道西は、若い頃から金森によく足を運んでいた蓮如上人と親しい関係にあり、1465年(寛正6年)に本願寺が壊されたときに蓮如上人を招いています。蓮如上人は、金森に三年間滞在し『御文』も活用しながら琵琶湖南部など各地に布教活動を続け、そして大坂へと展開していきます。
・ 1499年(明応8年)、大坂・石山の本願寺から山科本願寺に帰還し、その生涯を終えました。

「雷の光と音」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「震為雷」の「四爻変」でした。
  • 「震」(しん)は、世間が騒がしく動きが激しいとき。心を落ち着けて必要なことに集中します。 
  • 「四爻変」は、勢いを失って意気消沈している状態なので、何に向かうべきかよく考えます。
  • 本日のテーマは、「雷の光と音」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地域・四條畷の地図や航空写真を見ると、東西の市街地を見下ろすように北生駒山系の山々が鎮座していますが、これら山々の頂上から麓にかけて、数多くの鉄塔が立ち並んでいることが分かります。
  • これらの鉄塔は、(自然景観を損なっている感じもしますが)電力供給のための送電網や放送・通信網を支える大切なインフラであり、安心・安全で快適な日々の生活を持続させてくれる有難い存在です。
  • また、激しい雷鳴が轟き稲妻が走る季節に気づくことは、この鉄塔群が同時に、周辺に住む人々を落雷の被害から守ってくれている側面があるのではないか、ということです。

 

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「雷の光と音」について、物理現象を解く視点から考えてみます。
  • まず雷の発生源は、上空の大気に含まれる雲粒と雨が激しくぶつかり、その摩擦で生じた電気です。
  • 落雷の規模には幅がありますが、ザクっと1回の落雷で電圧1億ボルト、電流10万アンペアあるともいわれます。電力に換算すると10兆ワットのエネルギーが瞬時に発生していることになりますね。
  • 落雷時などに、ゴロゴロという音や光を発する現象については、一般的に以下のとおり説明されています。
  • つまり、雷の本体である電気が光と同じ秒速30万kmの速さで大気中を移動する際に、電気の流れに抵抗する空気の粒子と摩擦が生じ、雷の走る周囲の空気は3万度という高温に熱せられます。
  • 雷鳴は、瞬時に超高温まで熱せられた空気が急速に膨張して生じた振動が衝撃波となって、爆発音を発するからです。
  •  原子力とその廃棄物の処理・リサイクルの問題が話題に上るたびに思うことは、再生可能な自然のエネルギーをフルに活用した理想社会の実現です。
  • 「落雷1回分のエネルギーは、2200世帯分の電力1日分を賄える」といった試算もあるようですが、蓄電技術を含めた研究開発が長足の進歩を遂げている状況もありますから、「今世紀の早い時期に、原子力と化石資源に頼らないエネルギー政策を実現できないものか…」などと思うのです。

「下り道を楽しむ」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「乾為天」の「上爻変」でした。
  • 「乾」(けん)は、人間の生涯(人格形成過程)を、その時々の立場・地位に即して説いています。 
  • 「上爻変」の爻辞は「亢龍悔いあり」で、地位を高く上り詰めたら後は下り。これまでの行いを謙虚に省みながら、下り道を楽しめるといいのですが。
  • 本日のテーマは、「下り道を楽しむ」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地域・四條畷市では、毎月定例的に「畷歩こう会」が開催されています。
  • 第2日曜日を基本に、四條畷神社から飯盛山頂に向かって、参加者が自由に自分のペースで登り始めていきます。山頂まで登った参加者のカードに押されるスタンプが一定数に達するごとに、記念バッジなどが贈られます。
  • 標高40m位の神社下から314mの山頂まで、標高差にして約270mのこのコースは、なかなか急峻ですが、毎回欠かさず参加する人、この日だけでなく毎日登っている人、あるいは駆け足で登っていく健脚家もいます。
  • 飯盛山頂からの下り道は、(時間があれば上りとは別の)慈眼寺・野崎観音に出るコースなどが、景色の変化も楽しめてお勧めです。

 

f:id:okarina1952:20210123112257p:plain

慈眼寺・野崎観音の本堂

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「下り道を楽しむ」について、まず「一財・日本万歩クラブ」が推奨する「山歩き」のコツから確認してみました。
  • このクラブは、「1日1万歩」運動を提唱して、1965年(昭和40年)にスタートし、文部省(現・文部科学省)から財団法人として認可された、わが国最初の「ウォーキング」の団体です。
  • 同団体のホームページによると、下り方のポイントが3つ示されています。

1.上体を起こしつつ、腕は揺れないように背面に組む

2.足裏全体で地面をとらえてから、体重をゆっくり移行する

3.歩幅とペースを抑えながら一歩一歩前進する

  • 私の場合、下りで足を痛めることが多いので、この1~3の基本をしっかりと身につけないといけませんね。
  • 人生の下り道も、上体を起こして背を伸ばし、足裏全体でバランスよく立場を踏まえ、ゆっくりと自分に合った歩幅で景色を楽しみながら、(コロナ禍など、いかなる環境変化があっても転倒することなく)前進し続けたいものです。

「課題を共有する」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「沢風大過」の「初爻変」でした。
  • 大過」(たいか)は、背負う課題の重さに耐えかねている状況です。 
  • 「初爻変」ですから、非力を自覚してリーダーや仲間に従っていきます。
  • 本日のテーマは、「課題を共有する」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地域・四條畷市では、昨年末の市長選挙で現職の東氏が再選され、第二期東市政がスタートしています。
  • 東市長の市政に対する課題認識(公約)は、市長選挙時のビラから見て取ることができます。
  • 1つ目のコロナ対策は当然のこととして、合計7つの項目が掲げられ、そのポイントが列記されています。

    f:id:okarina1952:20210122113843p:plain

    市長選挙のビラ(一部を抜粋)

 〇「観る力を養う」

  • 今日のテーマ「課題を共有する」から、「(“問題解決” という言い方はあっても)“課題解決”はない。課題は遂行あるいは達成するものであり、解決するものではない。」といった指摘について考えます。
  • このように指摘するのは、経営学者でNPO法人・産学連携推進機構理事長の妹尾堅一郎(せのお けんいちろう)氏です。
  • そもそも経営学の一般的な定義によると、「問題とは、“そうあるべき状態(あるいは基準)”と “実際にそうなってしまった状態(あるいは現実)”と の間の不均衡」、つまり理想と現実とのギャップのことであり、この不均衡(ギャップ)を埋めることが、「解決」であるとされています。
  • また「課題」の意味は、「与える(与えられる)題目や主題。 解決しなければならない問題。果たすべき仕事」と説明されています。
  • 確かに、その時々に問題となる状況は、各々の関わる立場・利害、経験、意識等によって違った”問題“として捉えられる可能性がありますので、「問題」と「課題」は区別して使う必要があります。
  • したがって、身近な市政の「課題」についても、これを「果たすべき仕事」という意味で捉えながら、「いかなる課題を設定(共有)し、それがいかに遂行され、どこまで達成されているか」という観点から、今後も評価していく必要がありますね。

「大切な遺産」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「水風井」の「初爻変」でした。
  • 「井」(せい)は、時代を超えて社会に便益をもたらすインフラのような貴重な存在です。 
  • 「初爻変」ですから、世間の人々から忘れられ、その価値・能力が活かされていない状況ですね。
  • 本日のテーマは、「大切な遺産」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 当地域・四條畷市は、大阪都市圏近郊に位置する人口5.6万人のコンパクトなまちであり、豊かな歴史・文化をはじめ建造物やインフラを含めて、多くの資産を持つまちです。
  • 先人が残してくれたインフラの中の「大切な遺産」として、第一に小楠公墓所から飯盛山を背景に鎮座する四條畷神社を東西に結ぶ「約1㎞の参道」を挙げたいと考えます。
  • この参道に関わる経緯を年代順に整理すると、以下のようになります。

1348年(正平3年) 四條畷の合戦で小楠公・楠正行が最期を遂げる。

1429年(正長2年) 正行公の墓石に2本の楠(苗木)が植えられる。

1878年明治11年) 現在地に墓所が拡張整備され墓碑が建立される。

1890年(明治23年) 飯盛山の麓に四條畷神社が創建される。

1895年(明治28年) 浪速鉄道が四條畷駅まで開通する。

  • こうした歴史的な経過から「墓所」が現在の位置にあり、そしてちょうど墓所の東を仰ぐと飯盛山があることから、明治の先人たちは議論の末、墓所を見守る視点となる山麓に神社を鎮座させました。
  • 東西「約1㎞の参道」は、以上のような経緯があって誕生したものであり、当時、年間30万人と伝えられる参拝者と地域の人々などに、長年にわたって便益をもたらしてきたわけです。

    f:id:okarina1952:20210121112929p:plain

    「2020年 市勢要覧」から

 〇「観る力を養う」

  • まちの「大切な遺産」の中でも道路施設などのインフラは、主に行政の役割になります。
  • 「小楠公墓所から四條畷神社を東西に結ぶ参道」も公共インフラとして、これまで行政がその整備と維持に力を注いできたからこそ、今も人々に愛用されているわけです。
  • このような「大切な遺産」としてのインフラは、(維持管理も必要ですが)そのまちの個性と魅力を形づくる宝物であり、後世に引き継ぐべき貴重な資産です。
  • 今後、その価値を高め輝きを増幅させるための整備に向けて、行政としての将来ビジョンが望まれるところです。

「礼儀を尽くす」

〇「今日の易占から」

  • 今日の易占は「天沢履」の「五爻変」でした。
  • 「履」(り)は、履(ふ)む。先人の教えに従い、礼を正して物事を進めます。 
  • 「五爻変」は、権力を持っていても独断専行は慎みます。先人の教えを大切にすることですね。
  • 本日のテーマは、「礼儀を尽くす」とします。

 

〇「地域を楽しむ」

  • 「礼儀を尽くす」というフレーズから、大阪の歴史を辿る中でイメージする武将の一人が「大谷吉継(おおたに よしつぐ)」です。
  • 吉継は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、豊臣秀吉の家臣で、越前・敦賀城主でした。秀吉亡き後の豊臣方にあって、徳川家康とも懇意であったことが伝えられています。
  • そんな吉継は、病に侵されながらも親友の石田三成と家康との仲直りにも奔走し、三成から家康に対する挙兵を持ちかけられた際には、3度にわたって「無謀であり、三成に勝機なし」と説得します。
  • しかし吉継は、三成の固い決意と熱意を受け止めて、諸方面の情報から西軍の敗戦を予測しながらも息子らと共に三成の下に馳せ参じました。
  • 関ケ原の戦いでは、病に侵された身体で輿に乗ったまま指揮を執りましたが、小早川秀秋らの寝返りもあって敗戦し、35年の生涯を自害して閉じました。

 

〇「観る力を養う」

  • 本日のテーマ「礼儀を尽くす」の「礼儀」は、「人間関係や社会生活の秩序を維持するために人が守るべき行動様式」のことです。
  • 大阪ゆかりの人物で「礼儀を尽くす」といえば、やはり経営の神様と称される松下幸之助氏でしょう。
  • 幸之助氏が体調を崩して入院した時に、見舞の面会を希望する相手に対して、(以前から約束していたこともあり)病院の応接室にスーツに着替えてネクタイをして現われた。というエピソードが伝えられています。
  • この一例のように「礼儀」を実践していた同氏は、次世代の政治リーダーを養成する松下政経塾においても、「礼儀はいつの世にも必要である。礼儀は人間だけのもの。つまり礼儀を知らないのは人間ではないということ」と語り、塾生に対しては、特に「日常生活での礼儀に気をつけて」「まず、人に敬意をはらうこと。人を敬すれば、自分も敬されるようになる」と説いていました。
  • 「礼儀」の真意が伝わるのは、単に行動の形式だけでなく、日頃から相手方に対して心から敬意を持つことが、不可欠な前提条件といえますね。